県内で5例目となる豚熱(CSF、豚コレラ)の感染が2日、沖縄市の養豚場で確認された。県は、これまで発生した7農場について、豚の殺処分や埋却、豚舎の消毒などの防疫措置を1月19日までに完了。その後も、各農場の追加消毒を繰り返して再発防止に努めてきた。5例目の農場は、3例目に近接。