沖縄タイムス+プラス プレミアム

辺野古新基地の沈下する滑走路 国、民間基準を採用 野党「甘い条件」

2020年2月3日 13:00有料

 【東京】名護市辺野古の新基地建設を巡り、防衛省の設計変更案が、米軍が求める滑走路の性能基準(UFC)を満たしていないとして、国政野党が追及を強めている。UFCは滑走路端から300メートル未満で「勾配の変化がない」と規定するが、新基地は2本の滑走路に不均等な地盤沈下が予測される。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間