那覇署は2日、米軍キャンプ・コートニー所属の海兵隊伍長(22)を道交法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕した。「ビール1杯を飲んだが、時間がたったので酒は残っていないと思った」と容疑を否認しているという。呼気からは基準値の2倍を超えるアルコールが検出された。

(資料写真)パトカー

 逮捕容疑は2日午前4時半ごろ、那覇市安里の県道で、酒気を帯びた状態で軽自動車を運転した疑い。

 署によると、軽自動車に定員4人を超える5人が乗車していたため、停車させ職務質問したところ、酒のにおいがしたという。

 車には他に、米軍人とみられる外国人2人と日本人2人が乗っていた。