日本航空(JAL)が導入した欧州航空機大手エアバスの新型機「A350−900」(総座席数369席)が1日、那覇−羽田路線で初就航した。沖縄への初フライトには乗客359人が搭乗。那覇空港であった記念セレモニーではJALグループの職員らが乗客を出迎え、初就航を祝った。