沖縄戦が始まる3年前の1942年4月、島袋淑子(よしこ)さん(92)=当時14歳=は憧れの沖縄県女子師範学校に入学し、本部町伊豆味の親元を離れて寮生活を送っていた。 上級生を含む12人ほどの相部屋で、初めは慣れないことばかり。