沖縄タイムス+プラス プレミアム

沖縄の失業率、過去最低 好調の観光が他産業に波及 雇用の質なお課題【深掘り】

2020年2月4日 11:30

 2019年の完全失業率が2・7%と、初の2%台となり、2年連続で過去最低を更新した。有効求人倍率も1・19倍で、6年連続の過去最高値となり、県内の雇用情勢は着実に改善している。一方で、高い非正規雇用率や若年者の離職率の高さなど「雇用の質」は課題のままだ。 雇用情勢の改善は、好調な観光業が背景だ。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気