裁判官にとって大切なことは「人の意見をよく聞くこと」。双方から出された証拠だけで判断せず、尋問などで直接、訴えに耳を傾けることで、より真実に近づけると信じている。 小学校時代はそろばん少年だった。毎日、教室に通いコツコツ努力することで目標を達成する喜びを感じた。