2日に豚熱(ぶたねつ)(CSF、豚コレラ)の感染が確認された沖縄市の5例目の養豚場は、防疫対策が高い水準だった。県の担当者は「飼養衛生管理基準の順守は、県内でも上位に入るレベルだった」とする。だが、今回の発生で、防疫対策の難しさが改めて浮き彫りになった。