北部12市町村の2年越しの協議がまとまり、「北部基幹病院」の実現に向けた議論が一歩前進した。次の舞台は県議会に移る。県政与党内には、県立北部病院と北部地区医師会病院の統合には賛成でも、県立でなくなる運営形態に懸念を示す声が根強い。玉城デニー知事の判断が注目される。