外務省が主催する国際人材の育成を目的とした「カケハシ・プロジェクト」に参加した県内高校生が1月22日、県庁で同プロジェクトの成果報告会を行った。 カケハシ・プロジェクトは、県内の高校生と北米地域の高校が相互に訪問する。 本年度は、開邦高校と名護高校の2校が参加した。