県内の黒糖工場が2019〜20年産黒糖の売り先を確保できずに2〜3割が在庫となる見通しであることが4日、分かった。県黒砂糖工業会(黒工会、西村憲会長)がまとめた19〜20年産の予測量は年間販売量の7千〜7500トンを上回る9180トンで、2千〜3千トンが在庫となる見通し。