足をばたつかせ、窮地を脱しようと懸命でした(琴椿杯・県相撲選手権)