県内で豚熱(ぶたねつ)(CSF、豚コレラ)の感染が確認されたことを受け、国と県が、沖縄在来の固有種・沖縄アグー豚の種の保存に向けて、一部の原種と種豚を県内の離島に隔離し、本島のアグー豚にワクチン接種する案を検討していることが5日、分かった。