【東京】名護市辺野古の新基地建設を巡り、屋良朝博衆院議員(国民民主)は5日の衆院予算委員会で、オスプレイの訓練は本土でも受け入れ可能とし「複数の飛行場でローテーションを組むのはどうか」と解決策を提案した。河野太郎防衛相は「司令部、陸上、航空、後方支援部隊の四つが統合し、即応性を発揮する。