東日本大震災から9年となる3月11日、被災した岩手県の地元紙「岩手日報」が那覇市内で特別号外を配布する。復興支援への感謝と被災地の現状を伝える目的で、これまでに17都道府県で配った。初めてとなる沖縄での配布を前に、岩手日報社の川村公司編集局長に取り組みの狙いや思いを聞いた。