県子ども未来政策課は1月31日、食事提供や学習支援などを受けながら安心して過ごせる「子どもの居場所」138カ所について、地図に落とし込んだ所在地マップを県地図情報システムのサイトで公表した。 困難を抱える家庭の子どもや保護者が必要な時に必要な支援につながれるよう分かりやすく情報を発信するため。