【名護】東日本大震災や東京電力福島第1原発事故で被害を受けた福島県の退職女性教職員あけぼの会(池田芳江会長)のメンバー35人が1月22日、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前を訪れ、新基地建設に抗議する市民らと交流した。