国内旅行最大手のJTB(東京都)は6日、豊見城市内でインバウンド(訪日外国人客)セミナーを開き、同社の旅行実態調査で国ごとに観光地の巡り方が異なることが明らかになったとして、観光戦略を策定する際には国別に内容を変えることが重要だとアドバイスした。