サトウキビや飼料用トウモロコシなどを食害するガ「ツマジロクサヨトウ」の幼虫1匹が1月14日、宮古島市のスイートコーン畑で確認されていたことが6日、分かった。1月14日以降、他の市町村での新たな発見や周辺の畑での確認はない。 宮古島市で確認されたのは4回目。