西原海岸に広がる砂地で特に地形に変化がなく、干満の差が大きな日は一帯が干上がる場所。ここに毎年1月から3月にかけて、産卵時期が迫ったミナミクロダイや大型のチンシラーが接岸する不思議な場所があると話す南城市の屋良悠斗さん。

西原海岸で50センチ、2.11キロと46センチ、1.56キロのチンシラーを釣った屋良悠斗さん=1月29日

知念海岸で50・1センチ、2キロのチンシラーを釣った知念悟さん=1月28日

屋我地海岸で73.4センチ、5.24キロのタマンを釣った池宮秀克さん=1月28日

西崎漁港で35・5センチのカーエーを釣った深澤豊基さん=1月24日

恩納村海岸で3・8キロのクブシミを釣った大城達也さん=2月2日

名護海岸で2・32キロのシルイチャーを釣った比嘉拓也さん=2月2日

西海岸で48.5センチ、2キロと46.1センチ、1.76キロのガラサーミーバイを釣った石川武光さん=1月28日

知念海岸で102.5センチ、10.2キロのオニヒラアジを釣った安里碧海さん=1月27日

西原海岸で50センチ、2.11キロと46センチ、1.56キロのチンシラーを釣った屋良悠斗さん=1月29日 知念海岸で50・1センチ、2キロのチンシラーを釣った知念悟さん=1月28日 屋我地海岸で73.4センチ、5.24キロのタマンを釣った池宮秀克さん=1月28日 西崎漁港で35・5センチのカーエーを釣った深澤豊基さん=1月24日 恩納村海岸で3・8キロのクブシミを釣った大城達也さん=2月2日 名護海岸で2・32キロのシルイチャーを釣った比嘉拓也さん=2月2日 西海岸で48.5センチ、2キロと46.1センチ、1.76キロのガラサーミーバイを釣った石川武光さん=1月28日 知念海岸で102.5センチ、10.2キロのオニヒラアジを釣った安里碧海さん=1月27日

 1月14日に50センチ後半のチンシラーが釣れたという情報を知人から入手すると、知人伝いにより詳細なポイントを特定した。同28日夜、チヌ用の比重の重いマキエサ6キロに冷凍オキアミをブレンド。2・5メートル確保した3号ハリスを使用してチヌ5号針に掛けたオキアミを海底から20センチの位置に送り込んだ。日付が変わった午前0時、ゆっくりとウキが沈みアタリを告げる。やりとりを開始すると30メートルも先へ力強く走る。それでも砂地であることの有利さから、辛抱強く竿(さお)でためて時間を掛けて引き寄せた。最初のヒットとなる50センチ、2・11キロのチンシラーをゲット。この後、90分後に46センチ、1・56キロも釣り上げた。

    ◇    ◇

 1月28日に知念海岸にある防波堤で、水深6メートルの場所から円すいウキ仕掛けでチヌを狙った与那原町の知念悟さん。午前7時にポイントを訪れると、北風を正面から受けて外海は荒れている。チヌ用の比重の重いマキエサを投入し、3メートル確保したハリス2・5号と1号のチヌ針にオキアミの餌を掛けて底ギリギリに設定した。魚からの反応がないまま迎えた午前9時、円すいウキが静かに沈んでいくのを確認。アワセを入れると右に左に大暴れ。5分ほど粘られてから、静かに浮き上がらせたのは50・1センチ、2キロのチンシラーだった。

    ◇    ◇

 5キロを超す冬場の大タマンを狙い、屋我地海岸の遠浅のポイントを訪れた池宮秀克さん。平たんな砂浜が広がり、根がかりもない場所だが、不思議と夕マズメにはヒット率が高いと話す。1月28日の午後3時、道糸PE6号、リーダー40号、ハリス30号、管付きソイ針21号にシガヤーダコの餌を掛けて遠投した。砂浜からキャストして日没を迎えるまでの短時間勝負。すると、直後に50センチのタマンがヒット。さらに1時間後、大きく反応した竿を手に取り73・4センチ、5・24キロのタマンを釣り上げた。

(名嘉山博 釣りPower)