沖縄タイムス+プラス ニュース

選手との握手、ハイタッチも自粛 新型肺炎、ファン交流にも影 

2020年2月8日 10:47

 プロ野球DeNAの「歓迎・感謝の夕べ」が7日、宜野湾市内のホテルであり、約800人のファンが集う中、新型コロナウイルス対策でマスク着用と入場前のアルコール消毒が義務付けられた。

マスクを着用してサインするDeNAの神里和毅選手(手前)らとファン=7日、宜野湾市・ラグナガーデンホテル

 選手や監督らチーム関係者も登壇時以外はマスクを着用し、握手やハイタッチの自粛を求めた。目玉である20分のサイン時間では選手、ファン双方がマスクを着けて交流した。

 毎年キャンプで沖縄を訪れる東京都の吉田京子さん(54)、川村恵子さん(64)は「中止になることが一番ショックだったので、実施されてうれしい。対応も良く、安心して参加できた」と話した。

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間