柳田虎一郎原告団長(82)は「真っ先に戦争の被害を受けたのは旧南洋群島に住んでいた私たち。沖縄戦国賠訴訟に続き国の責任が認められず、非常に残念」と肩を落とした。 原告の多くは戦争孤児。国が戦争さえ起こさなければ別の人生が歩めたとの思いは強い。