心臓移植の患者と家族を支える会「芭蕉(ばしょう)の会」(安里猛会長)は4日、本土で移植を受ける県内の患者・家族を支援するための基金に同日現在、1900万4379円の寄付が集まり、支援制度創設を求める署名が1万4854筆になったと発表した。