起こるべくして起きた事態なのだと改めて痛感させられた。本島中部の養豚場で県内では33年ぶりに豚熱の感染が発覚して1カ月。これまで殺処分された豚は1万頭に上る▼1月上旬から中旬に相次いだ感染確認が落ち着き、終息に向けた期待が高まっていたが、今月2日に新たな感染が見つかり状況は一進一退。