KDDI(東京都)と沖縄セルラー電話(那覇市)など9社が連携し、観光地情報の検索や、交通機関の決済などができる無料スマホアプリ「沖縄CLIP トリップ」の実証実験を4日から本島内で始めた。沖縄観光と県内の移動を、スマホアプリでつなぐことで、公共交通機関の利便性向上を図り、観光客のスムーズな移動につなげるなどの狙いがある。3月31日まで。

沖縄CLIPトリップの仕組み

 使用方法は、同アプリをスマホにダウンロードし、電話番号やクレジットカードなどの情報を登録する。ショッピングや食事など、観光客の目的に合わせた観光地の情報が検索できるほか、現在地から目的地までの最適な経路情報などが表示される。

 移動の際には、沖縄都市モノレールの1日乗車券が購入できるほか、タクシーの配車予約と自動決済も可能。また、実験期間中はモノレールの1日乗車券が400円で購入でき、アプリを通して配車予約したタクシーは300円引きとなる。

 体験型観光の予約ができるほか、国内旅行保険の契約もできる。

 4日、那覇空港であった記者会見で、沖縄セルラーアグリ&マルシェの國吉博樹社長は「女性や、ファミリー層などを中心に幅広く利用してもらい、沖縄観光の新しい形を目指したい」とあいさつした。