沖縄県与那原町の国道与那原バイパス工事現場で発見された米国製5インチ艦砲弾の不発弾処理作業が13日午前9時半から現地である。

 避難半径は88メートル、避難対象は8世帯19人。同9時から避難誘導、同9時25分から立ち入り規制が始まる。処理壕で正午までに作業完了の見通し。現地対策本部は工事現場内に設けられ、避難場所は与原区公民館。