沖縄県警与那原署は10日、小学生の実の息子(8)の顔面を殴り、地面に引き倒す暴行を加え、けがを負わせたとして、本島南部の介護士の男(38)を傷害容疑で現行犯逮捕した。

(資料写真)パトカー

 「引き倒しはしたが、殴ってはいない」と容疑を一部否認しているという。男児は顔面に打撲と左膝に擦り傷のけがを負った。

 逮捕容疑は10日午後9時40分ごろ、本島南部の歩道で、息子の顔面を殴り、地面に引き倒した疑い。目撃者からの通報で発覚した。