【中部】県教育庁の半嶺満教育指導統括監は12日、嘉手納町の沖縄防衛局を訪れ、米軍機の騒音で県立高校の卒業式(3月1日)や入試(同4、5日)に支障を来さないよう飛行自粛を求めた。

(資料写真)嘉手納基地

 教育庁は毎年、高校入試や小中学校の卒業・入学式が静かな環境でできるよう要請している。昨年、浦添市立浦西中学校に米軍ヘリ部品が落下した事故を受けて、学校上空の米軍機の飛行回避も改めて求めた。

 半嶺氏は「卒業式などは重要な節目であり、特に入試は静かで集中できる環境をつくることが重要だ」と話した。