沖縄タイムス+プラス プレミアム

安倍首相、工期遅れ答弁避ける 民主党政権の対応を「混乱」と強調

2020年2月13日 09:00有料

 【東京】12日の衆院予算委員会で安倍晋三首相は、名護市辺野古の新基地建設の工期が軟弱地盤の改良に伴い12年と大幅に延び、普天間飛行場の返還が遅れることに対する見解を問われ、民主党政権で移設先を再検討したことを挙げるなど以前の経緯に終始し、正面から答えなかった。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間