沖縄県出身バンド、HY(エイチワイ)のツアー最終公演が9日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンター展示棟で開かれた。アルバム「RAINBOW」の楽曲やヒット曲の数々を元気いっぱいに演奏。4千人のファンの声援に囲まれて、故郷でデビュー20周年の節目を飾った。(学芸部・天久仁)

熱の込もった歌声でツアーファイナルを彩った新里英之(右)と仲宗根泉=宜野湾市・沖縄コンベンションセンター

軽快にリズムを刻んだ名嘉俊

堅実なベースでバンドを引き立てる許田信介

熱の込もった歌声でツアーファイナルを彩った新里英之(右)と仲宗根泉=宜野湾市・沖縄コンベンションセンター 軽快にリズムを刻んだ名嘉俊 堅実なベースでバンドを引き立てる許田信介

 HYのメンバーはうるま市出身の新里英之(ボーカル・ギター)、名嘉俊(ドラム)、許田信介(ベース)、仲宗根泉(キーボード・ボーカル)。公演は結成20周年を記念した「RAINBOW TOUR 2019-2020」の一環で、2019年10月の東京を皮切りに全国23都市で26公演をこなし、延べ4万3千人を動員した。

 コンサートは軽快な「大好きだもの」で幕を開けた。ステージを駆け巡る新里の「やっと会えたね」の言葉にファンは声援と拍手で応える。ドラムのビートが印象的な「エール」、「トゥータン」と勢いのある曲を重ねて会場を盛り上げた。

 スローなテンポの曲もHYの魅力の一つ。アコースティックを主体とした「てがみ」はさわやかな中に切なさを込めたナンバー。仲宗根のソロによる「いつか」は絞り出すような歌声が、静まり返った会場に響いた。

 ライブの合間には、仲宗根が赤い髪の妖精「イズムナー」を演じるメンバー総出演の楽しい寸劇もあり、場を和ませた。

 2000年のデビューから20周年。新里は「音楽の道を諦めることはなかった。失敗もあったが、そこから人の温かさを感じることができた」と感慨深げ。

 沖縄への思いをつづった「Island」、ギターのイントロが爽快な「隆福丸」と一気に続け、「ホワイトビーチ」で熱気は最高潮に。観客と一体となった「風を集めて 飛び上がろう」のコーラスが爽やかに響き渡った。

 ラストの「no rain no rainbow」で新里は「すてきな、みんなでいっしょにつくっていきませんか」と呼び掛け。アンコールでは「AM11‥00」「フェイバリットソング」「旅立ち」の人気曲を続けて、新たなスタートを誓った。