那覇市の城間幹子市長は12日、30代半ばから40代半ばの「就職氷河期世代」を対象とした職員採用を実施する方針を発表した。沖縄県内の自治体で採用を表明したのは那覇市が初めて。