沖縄気象台によると、沖縄地方は21日ごろから5日間平均気温が平年より2・6度以上高くなり、「かなりの高温」になる見込みだ。13日、高温に関する早期天候情報を発表し、農作物の管理に注意を促した。

 沖縄地方の向こう2週間は気温の変動が大きい。14、15の両日は南から暖かい空気が流れ込んで気温が高くなる。16~20日は大陸からの寒気の影響で平年並みか低く、かなり低くなる日がある。21日ごろからは暖かい空気に覆われ、かなり高くなる見込み。

 沖縄地方は13日も暖かい一日となり、同日午後4時現在、観測26地点のうち21地点で25度以上の夏日となった。石垣市盛山では午後1時43分に27・4度を記録した。