琉球王国を舞台にした新沖縄芝居「五月九月(ぐんぐぁち くんぐぁち)」が7日から9日の3日間、那覇市のテンブスホールで上演された。2019年度県文化観光戦略推進事業の一つ。(26面参照) 物語は琉球王国時代の9月。冊封使歓待の宴を前に、準備が進められていた。