沖縄県は14日、県内在住の60代の女性タクシー運転手が新型コロナウイルスに感染したと確認した。県内での感染確認は初めて。同日、診断を確定する検査で陽性の結果が出た。運転手は、新型コロナウイルス感染による肺炎が拡大しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」が1日に那覇港に寄港した際、下船した乗客を案内していた。

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 県は13日までに数時間で結果の出るウイルス検査を7人に行い、そのうち6人は陰性だった。一方、運転手は陰性の確認ができず再検査していた。

 運転手が勤めるタクシー会社によると、この運転手は1日、那覇市若狭の那覇クルーズターミナルで「プリンセス」を下船した観光客4人を乗せ、本島南部の観光施設まで案内した。その後、運転手は8日まで休日をはさみながら出勤し、12日に体調不良を訴え病院を受診した。

 同社は1日までに、感染を警戒し乗務員にマスク着用を義務付けていた。アルコール消毒や手洗いうがいの徹底といった対策をしており、当該運転手もマスクを着用していたとみられる。

 1日には同社の別の1台も同ターミナルで乗客を乗せたが、現在までに体調不良を訴えている乗務員はいないという。

 同社の営業部長は「いつ発生してもおかしくないと思っていたが、運転手から一報を受けた時は泣きたい気持ちだった。乗務員も多いのでいつごろまで影響が出るのか心配だ」と話した。