【東京】名護市辺野古の新基地建設を巡り、防衛省は14日までに、軟弱地盤の改良に伴う工事の設計変更を、3月中に県へ申請する方針を固めた。地盤改良工事のほか、埋め立てに使う土砂を調達する場所など複数の変更項目があり、一括申請する見込みだ。