名護市辺野古の新基地建設で政府が建設計画の変更を県に申請した場合、新基地反対を掲げる玉城デニー知事は不許可とする公算が大きい。県幹部は「申請は分かっていたこと。来月だとしても想定内だ」と冷静に受け止める一方、国の対抗策を警戒する。 申請された場合、県は環境保全への配慮など、正当性を審査する。