【豊見城】豊見城市が、市翁長の旧市役所庁舎跡地を、ディスカウントストア「ドン・キホーテ」などを展開するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(本社・東京)に売却することが分かった。同社は庁舎を改修後、来年春をめどにドン・キホーテを開店する計画だ。

売却予定の旧豊見城市役所庁舎=15日、豊見城市翁長

旧豊見城市役所庁舎跡地

売却予定の旧豊見城市役所庁舎=15日、豊見城市翁長 旧豊見城市役所庁舎跡地

 旧庁舎は市翁長の県道256号沿いにあり、地上7階建て。敷地面積5067平方メートル、延べ床面積1万1820平方メートル。

 市がヨナシロ家具豊見城店の土地・建物を購入し、2002~18年12月まで庁舎として使用した。19年1月に市宜保に庁舎を新築・移転後、跡地利用を検討していた。

 市は利用条件に、延べ床面積3千平方メートル以上の商業施設で、店舗かつ生活拠点施設を含めることなどを設定。1月末に一般競争入札を実施し同社が落札した。

 売却額は税込み約7億5千万円。市議会3月定例会で議決後、正式契約を結ぶ。

 ドン・キホーテはことし3月に、那覇市壺川に県内7店舗目がオープンする。