共同通信 ニュース

不妊治療に休業制度創設を 枝野氏「離職は時代遅れ」

2020年2月17日 05:15

 立憲民主党の枝野幸男代表は16日の党大会で、不妊治療を考えるコーナーに当事者として参加し、不妊治療のための休業を認める制度の創設を訴えた。「治療を受けるために離職せざるを得ない構造は時代遅れだ。休業できる仕組みをつくらないといけない」と述べた。

 立憲民主党の党大会の不妊治療を考えるコーナーに参加した枝野代表=16日午後、東京都新宿区

 和子夫人が約4年間の不妊治療を経て出産したことを昨年公表した。枝野氏は「当事者にだけ『何とかしろ』と言われても壁が大きい。社会一般に、不妊について考え方を共有する機会が必要だ」と指摘した。

 立民は不妊治療に関するワーキングチームを設置し、国に経済的負担の軽減を求める提言を目指している。(共同通信)

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気