愛知県岡崎市は18日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、モンゴルのアーチェリーナショナルチームが東京五輪に向け、19日~3月7日に同市内で予定していた強化キャンプを中止すると発表した。同チームから渡航中止を判断したとの文書が今月17日に届いた。

 市によると、モンゴル政府が新型コロナウイルスへの対応として、ナショナルチームがアジアで行う大会や練習への不参加を決めたという。岡崎市では同期間に市長の表敬訪問や市立中などとの交流も予定していた。

 モンゴルのアーチェリーナショナルチームは五輪前の7月にも同市内でキャンプを予定している。(共同通信)