おきなわ子どもを守る会の長堂登志子代表らは7日、子どもの不登校の要因に学力テストが影響しているとし、県教育長に学力テストの廃止と子どもの権利条約を生かした学校教育に取り組むよう呼び掛けた。同会は今後、各市町村教育長との対話や署名活動を行い、年内にも県教育長に要請したいとしている。

不登校の子どもたちの実情を説明し、学力テストの廃止と教育長との対話を呼び掛ける長堂登志子代表(右から2人目)=7日、県庁

 長堂代表らは、成績が振るわなかったり、みんなと同じようにできなかったりすることや、教師の高圧的な対応、同級生らによる「いじり」などが不登校の要因と指摘した。

 学力テストによる競争の激化やそれを強いられることで、子どもも教師も追い詰められ、悲鳴を上げていると長堂代表。「できない子は排除につながっている。県教育長と対話し、苦しんでいる子どもたちの思いを伝えたい」と強調した。