沖縄戦時の遺骨収集や遺品を全国各地の遺族に届ける活動などに取り組む県外の若者らのグループ「みらいを紡ぐボランティア」が、発掘現場で集めたガラス製の薬瓶や一升瓶のかけらをしおりなどとして再生させ、戦争体験者や戦没者遺族に贈っている。