沖縄県の玉城デニー知事は19日、県内で新たに那覇市に住む60代の男性タクシー運転手1人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県内での感染は、14日に確認された60代の女性タクシー運転手に続き2人目。男性は重症肺炎で、指定医療機関の集中治療室(ICU)で治療を受けている。会話はできる状態という。

 沖縄県内で新たに1人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表する玉城デニー知事=19日午後、沖縄県庁

 県によると、男性は今月1日、新型コロナウイルスの集団感染があったクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」が那覇に寄港した際、乗船者を乗せたと申告している。11日に発熱があり、18日に息苦しさや倦怠感を訴え救急外来を受診した。(共同通信)