東京五輪聖火リレーを控え、リレー中のテロを想定した対応訓練が18日、ANAスポーツパーク浦添であった。浦添署や県警機動隊の爆発物処理班、浦添市消防本部などが参加し一連の流れを確認した。

聖火リレー開催中を想定し、不審者を取り押さえる警察官=18日、浦添市

 訓練では聖火リレー中に不審な男が爆発物入りのバッグを置き、立ち去ろうとする場面を設定。警戒中の同市職員が110番通報し、駆け付けた警察官が男を取り押さえた。その後、男が置いた不審物を撤去するため爆発物処理班が到着。ロボットを使って処理が完了した。

 瑞慶山力署長は「わずかな隙もつくらないよう万全な警戒態勢で臨みたい」と関係職員に呼び掛けた。