日本女性放送者懇談会は放送界で活躍する女性をたたえる本年度の「放送ウーマン賞」に、沖縄テレビ放送キャスターの平良いずみさん(43)を選んだ。監督を務めた公開中の映画「ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記」などの作品を「感動的なドキュメンタリー」「生活者に寄り添った視点が秀逸」と評価した。

平良いずみさん

 平良さんは「小さなローカル局の取材活動に光を当てていただいて感謝の気持ちでいっぱい。受賞を励みに、ひたすら沖縄の声を届けていきたい」と喜びを語った。石川県出身の高校生の沖縄生活を追った映画について「1人の少女の小さな声、人間らしさを守りたいと困難に立ち向かう沖縄の人々の声が少しずつ全国に届いていてうれしい」と話した。

 放送ウーマン賞は1973年度に創設され、歴代受賞者には黒柳徹子さん、樹木希林さん、和田アキ子さんらが名を連ねる。元琉球朝日放送の土江真樹子さん、三上智恵さんも過去に受賞した。本年度は平良さんとテレビ朝日の松原文枝さんが受賞した。