JAおきなわ(普天間朝重理事長)が県内102店舗のうち29店舗で信用(金融)・共済事業の中止を検討している件で、各地の農家代表でつくる経営管理委員会(前田実会長)は20日、那覇市のJA会館で会議を開き、店舗統廃合の決定を先送りした。「まずは地域の合意形成が必要だ」との意見が多数を占めた。