走る、走る。すぐ後ろに迫りくるとてつもなく大きな恐怖を背負いながらひた走る。

1917 命をかけた伝令・スクリーンガイド

 第一次大戦時、イギリスの若き兵士2人に託された1600人もの命を守るための伝令。いや応もなく引き受けるしかなかった2人に迫りくる危険やわな。それでも前に走り続けなければ多くの仲間の命が失われる。

 監督がこだわったワンカット・ワンシーン映像は、今まで味わったことのないような驚異的な迫力の没入感をもたらすのは間違いない。

 それとともに、伝令を託された若者たちの心情はセリフ無しでも伝わり、背負いきれない恐怖と共に走る事しかできない状況を見るものも共有することになる。希望があると信じるからこそ走れるが、戦場はすぐに次の絶望を用意する。それでもこれは見ておくべき時代の1本。(スターシアターズ・榮慶子)

シネマQ、ライカム、ミハマで上映中