重度知的障がいがある生徒の県立高校入学の対応を検討するため、平敷昭人県教育長らが1月21~23日に実施した県外視察に、宮城一郎県議(社民・社大・結)が同行していたことが分かった。視察直前に宮城氏が教育庁に同行を依頼し、同庁が日程を調整した。

(資料写真)沖縄県議会

 20日の県議会代表質問で新垣新県議(沖縄・自民)が「教育行政は政治から独立すべき分野だ」と問題視した。

 平敷教育長は指摘されたことに「整理が必要だと反省している。心からおわび申し上げる」と陳謝した。

 平敷教育長と教育庁幹部は重度知的障がいのある生徒が学ぶ千葉県立高校1校と、大阪府立高校2校を視察。宮城県議は大阪2校の視察に同行したという。視察先について、教育庁担当者は「生徒が特定されるので、公表できない」と学校名を明かしていない。

 宮城県議は本紙取材に「重度知的障がい者を置き去りにしたくない思いで、先進的な取り組みをしている大阪府と受け入れを踏み切れない沖縄県教委の両方を見て、問題の答え(解決策)を見つけようと同行をお願いした。県教育庁には指示どころか、意見一言も言ってない」と述べた。