那覇市の神原小学校体育館建て替え工事で見つかった米国製5インチ艦砲弾1発の不発弾処理作業が24日午前10時から現地である。

不発弾処理那覇神原

 避難半径は88メートル、避難対象は44世帯と53事業所で約300人。同9時10分から避難開始、同50分から国道330号などで交通規制が始まる。午前11時までに作業完了の見通し。現地対策本部は市中央消防署神原分署に置き、避難場所は市保健所3階となる。