沖縄県北中城村あやかりの杜図書館は8日、隣接するキャンプサイトで「大人のための初めてのソロキャンプ講習会」を開いた。村内外から40~70代のキャンプ好きの男女9人が参加し、一人でキャンプする醍醐味を学んだ。同館初の企画。

テントの張り方を学ぶソロキャンプ参加者=8日、北中城村喜舎場

 指導は浦添市牧港のアウトドアショップNEOSのマネージャー徳田豪隼(ひでたけ)さんと玉城類さん。テントを張るときには雨風の影響が少ない場所を選ぶことや、撤収時にはごみを持ち帰ること、野菜などの食材はできるだけ地元産を利用することを呼び掛けた。他にも、持っていると便利なさまざまなキャンプグッズを紹介した。

 沖縄市の土井敦史さん(45)は「雑踏の日常を忘れてソロキャンプを楽しみたい」、浦添市の比嘉加代子さん(68)は「家族で時々やるが、ソロキャンプを体験したかった」などと話した。(翁長良勝通信員)