[骨抜きの主権国家 日米地位協定60年](14) チョウ類研究家の宮城秋乃さん(41)は、今夏の世界遺産登録を目指す本島北部「やんばる」の米軍北部訓練場跡地で、これまで2千発以上の未使用、不発の銃弾空包や、野戦食の袋など米軍のものとみられるごみを数多く発見してきた。